薬剤師の転職 薬剤師

薬剤師の失敗しない転職サイトの選び方【登録メールの注意点!】

現在、病院薬剤師として働いている私ですが、2回転職を経験しています。

ネットの情報はあまりに多く、どの転職サイトが良いか全く分からない状況です。

転職後の私が思うことを、転職サイトの選び方から、流れまでを実例を挙げて説明します。

こんな方におすすめ

  • ネットに転職サイトの情報が多すぎて、どのサイトが良いか分からない
  • 転職しようか迷っているが怖い

薬剤師の転職サイトはどこに登録すべきか 【失敗しないのは大手】

結論から言うと、大手サイトであればどのサイトでも大差はありません

大手を2社、もしくは3社 登録しておけば OK です。

理由ですが、結局のところ転職に成功するかどうかは、下記2つが問題です。

①本人と担当者(転職エージェント)のマッチング

②本人と転職先のマッチング

どんなに転職サイトが素晴らしかろうが、担当となった転職エージェントと自分の相性が合わなければいい結果は出ません

また、そもそも求人を出している転職先の会社が全て微妙であれば、当然こちらも良い結果が出ません

要するに、転職が成功するかしないかは、マッチングの問題でして、最終的に紹介先に転職を決めるかどうかのあなたの判断が結果(成功・失敗)に結びつきます。

転職は受け身ではなく、主体的に【あなたが企業を選ぶ】

後悔しないためには、企業に選ばれるのではなくあなたが企業を選ぶ事がなによりも大切です

これを読まれている方のほとんどは、初めての就活では、

「気合を入れて受かろう!」

「好印象を持たれるように頑張ろう」

という気持ちになっていたのではないでしょうか。

これは半分正解で、半分不正解です。

 

現在、薬剤師人口が増えてはいますが、まだまだ求人は引く手あまたです。

薬剤師であれば、もっと強気で行きましょう。あなた自身が企業を判断する立場に立てます。

もし、面接で無理をして自分をよく見せ、入社しても苦しむの目に見えています。

面接で自分をよく見せることは多少は必要ですが、どうしても曲げられない価値観はしっかりと主張すべきです。

「もう2、3万給料が良ければなぁ」

「勤務時間がもう1時間短ければいいけど…」

この希望は伝えずに就職したら後悔するのはあなたです。伝えることで何か変化がある、他の希望に合った求人が出る可能性は十分にあります。

自分の希望に合った条件でマッチングした会社であれば、あなたにとって転職成功の可能性が高いです。

インターネット上のサイトや口コミ【嘘ばかり!】

検索

「薬剤師 転職 比較」
「薬剤師 転職 口コミ」

上記で検索すると、たくさんのサイトが並んでいます。

そのサイトには、いろいろな口コミが書かれていますが、実際には薬剤師でない人が作った口コミも多数存在します。(読んでいると嘘だと分かります)

もしかすると、この記事自体も嘘かもしれません。そんな情報がインターネットにはあふれています。

※私が実名でサイト運営していない言い訳を…

実名を挙げてウェブサイトを作成することもできますが、現在勤めている病院自体からSNSには注意するように言われています。ただ、誰かの為になるサイトを作りたいという思いが強く、新薬情報などをあだ名のサイト名で続けています。

話がそれましたが、インターネット上の情報の信憑性は、全てのサイトで0(ゼロ)に等しいのが現実です

ネットがダメということは、

そうです!

ポイント

転職を経験した友人薬剤師に直接話を聞くこと

ただ友達に話を聞いても、残念ながら2通りの方法しかありません。

転職する方法

①コネを使って薬局や病院、製薬企業に転職する

②転職サイトに登録し、紹介を受ける

実際には、大多数は②です。

まず、①から見ていきましょう。

希望の勤務地が、現在の勤務場所から近ければ可能ですが、地元に帰るなどで勤務場所が遠い場合は、①の方法は難しいです。

さらに、基本的に情報が少ないため、希望にあった就職先が見つからない可能性も高いです。

しかし、有利な面では、知り合いという事で、給料を高く見積もってくれる場合もあります。

求人する方もその人の評価を事前に知っていれば評価に見合った給料を提示してくれます。(分からないなら失敗したくないので値上げはどうしても渋ります)

次に、②についてです。

当たり前ですが、転職会社は大手であればあるほど転職の情報がより多い傾向にあります。

サイト自体の登録は無料であるため、連絡の手段となる電話やメールの鬱陶しさはあるものの、転職エージェントは仕事として働いており、自分に合った転職先を探してくれます。

以上より、

一番良い方法は!

①②を並行して行うことです。

①で良い条件が揃えばそちらで決定。

難しければ、②を優先する方法が一番良いです。

※しかし、「人が良すぎる人」、「断ることが苦手な人」は、①はオススメしません。

ここまで読んでいただいた方にお礼の情報があります。↓

転職サイトに登録する時の注意点【フリーメールで登録!】

転職サイトに登録する際は、必ずgoogleなどのフリーメールで登録するようにしましょう

携帯キャリアのメールアドレスで登録してしまうと、今後も連絡が来る可能性があります。

よく使っているメールアドレスを登録すると本当に必要なメールが埋もれてしまうかもしれません。

その点、フリーメールのアドレスであれば、不要な時は見なければいい(メールの切り替え)だけなので、「転職が完了した」「中止したい」時に、電話一本だけで処理が完了し、非常に楽です。

実際に、私が転職が決まった旨を他転職サイトに伝えた後にもメールを継続して送って来ていました。

全く見ないアドレスを登録することは本末転倒ですが、必要に応じて見るため、問題ありません。

そのため、一番よく使うアドレス、キャリアメールでの登録は避けた方が無難です。

POINT

転職サイトの登録メールアドレスは、「Gmail、Yahoo!」などのフリーメールで登録しましょう!

私が登録した「無料」転職サイト

私が転職を行った理由とその後【現在の生活に、私は満足】

少し長くなりますが、私が経験した転職の話しをします。

先にお伝えしますが、転職後の現在の環境には満足していますので、私の場合は成功だったのだと思います

では、お話しします。

私は、地元は田舎の方でしたが、関西の大学を卒業してから、都内の病院に勤める事にしました。新卒の時は、大きな病院に勤める事だけしか考えていませんでした。

しかし、1年目を過ぎた辺りで、病棟薬剤師として働くようになりました。業務が終わらず、毎日夜9時過ぎに帰る日々が続いていました。残業時間は、月45時間を超えていました。

土日のどちらかの休みは返上して、記録出来なかった指導記録を書いていました。

体は常にだるく、朝もなかなか起きれないという軽い鬱状態だったと、今となっては思います。

それでも、精一杯だったので、何とか業務をこなしていましたが、転職の決め手になった出来事がありました。

それは、「評価されているだろう」と思っていた直属の上司からの、心のない一言でした。

「そんなに仕事が遅いのだったら、薬局に転職した方が良いぞ!」

そう言われた時は、絶望しました。

病棟薬剤師は、その病棟によって正直仕事量が違います。例えば、心血管の持参薬が多いけど、婦人科は少ないなど。

丁寧にこなしているし、間違いを起こしている訳じゃない。よくやっていると自分では思っていましたので、かなりショックでした。

さらに追い打ちをかけたのが、2か月前に買った参考書を1度も開けていない事、おじいちゃんの膝の手術に立ち会えなかった事です。

仕事に追われるあまり、自分のレベルアップのための自由な時間や家族に向けての時間が取れなくなっていました

この調子で行った未来を想像すると、薬剤師として成長が出来ない家族を犠牲にしてしまうと簡単に想像できました。

その結果、退職する方向で進めました。

他の友達でも転職する人が多く、友人に聞いたり、サイトを色々調べた結果、「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」 の2つの転職サイトに登録しました。

転職サイトのやり取りはこちらの記事(転職サイト登録方法とその後のやり取り)にまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

転職サイトとのやり取りと企業との面接で、時間と給料の面で合致がいった都内の薬局に勤めることになりました。

病院の時より多い給料を貰え、自由な時間も十分増えました。転職前は、家に帰って寝るだけだったので天と地の差です。

自由な時間も増えたことで、プライベートも充実し、友人の紹介で転職から2年後に、めでたく結婚しました。

結婚を機に、①田舎の地元に帰ることを決めていた事、②自分の中で病院薬剤師としてもう一度働きたい、経験を積んだ今どれだけ出来るか試してみたいと強い思いもあり、再度転職をして、現在は田舎の中規模の病院で働いています。

長くなりましたが、転職することでプライベートの充実スキルアップが出来たました。言い過ぎかもしれませんが結婚も出来たので、私の場合は転職は正解だったと思います。

まとめ【未来の自分を変えるために】

もし現在の職場に不満があれば、本気で転職を考えてみても良いかもしれません。

転職サイトの登録は簡単で、無料で求人情報を手に入れる事が出来ます。コネがあればそちらを優先してもいいですので、平行していくのが良いです。

自分の曲げられない条件があれば、それに合う求人が来たときに教えてもらうようにすればいいし、

もし希望の条件に合致するなら失敗する可能性もかなり低くなると思います。

 

転職エージェントとのやり取りは発生するので、どうしても負担にはなります。

しかし、その見返りとして、私の場合は転職に成功し、プライベートの充実と薬剤師のスキルアップにつながりました。

この記事が誰かの役に立てば幸いです。読んでいただきありがとうございました。

私が登録した「無料」転職サイト

・薬キャリ(エムスリーキャリア株式会社)
マイナビ薬剤師(株式会社マイナビ)

(大手2社) ※登録自体は、約3分で簡単♪ まずは行動!

-薬剤師の転職, 薬剤師
-

© 2020 ばーくんのお薬説明書