薬剤師の転職

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておくべき5つの理由

今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておくべき5つの理由

・いつかは転職したいなぁと考えている

・何となく、この職場で働き続けて大丈夫かなぁと思っている

・今の仕事が苦痛だけど、転職するほどでは無いなぁと思っている

人生のコア部分となる職場選び。

なかなか行動に移せない、このような先生は、すごく多いのではないでしょうか。

今のままは嫌だと思っているが、新しく行動を起こすのは大変だし面倒……

 

そんな先生にオススメなのが、転職サイトに「登録だけ」しておくというもの。

これだけなら2分もかかりません。

たったこれだけですが、病院・薬局の生活が本当に劇的に変わります!
ばーくん

その理由をこの記事では詳しく説明していきます。
ちなみに、この場合の転職サイト登録は、厳選して「マイナビ薬剤師」1つで良いです。

本格的に転職の意欲が沸いた時に、「薬キャリ」など追加で転職サイトに登録し比較すれば良いからです。

1つであれば、職場先にバレた時の言い訳も出来ます♪(転職エージェントが転職意向を漏らすことはありませんが念のために。

手遅れになる前に「逃げ道」を用意する【選択肢を増やす】

理由ですが、まず一番の理由は、「逃げ道を用意する」です。転職サイトへの登録は、いつでも出来ると今は思うかもしれませんが、追いつめられると中々そうはいきません

精神的に追い詰められた経験のある先生は、分かるかもしれませんが、ストレス・疲労が限界に達すると、転職活動はおろか、転職サイトに登録する気力すら無くなってしまいます

私の場合は、寝れなくなり、仕事が捗らず、帰りが遅くなるという悪循環に入ってしまいました。転職活動も他人の力をかりて、やっと取り掛かる事ができました。

 

私のようにならないために、転職サイトに登録して、条件に合った求人があれば連絡を貰えるようにお願いしておきましょう。

「自分には、転職という選択肢もある」と言えるようになれば、心には余裕が生まれます。

しかも、転職サイトは登録無料です。

・希望する条件にあった新規求人

・転職可能なおすすめ求人

上記についてメールが届くようになります。

無料な理由

※転職自体が決定すると依頼側から転職サイトに費用が払われるからです。登録側に費用は発生しません。

登録すると初めは電話がかかってきますが、「希望する条件を伝え、転職する意志はあるが、希望の条件は譲れない」とだけ伝えておけば、良いところを探してくれます。

ポイント

・本当に転職が必要な時に、自由に動けるとは限らない

・転職サイトの登録は無料 (費用は依頼者が支払う)

・登録は2分で、定期的にメールが届く(フリーアドレス推奨)

「選択肢」がある事で、理不尽な仕事・要求から逃げやすくなる

これも先ほどと同様に、「自分は最悪、辞められる」という選択肢があることで、
病院・薬局の言いなりにならずに済みます

・本当はどうしても嫌な仕事

・明らかに理不尽な要求

上司から言われたら、辞める選択肢がない場合、受けるしかありません。どんどん苦しくなっていきます。

いわゆる社畜に近づきます。


しかし、「最悪辞められる」という状態であれば、無理なことには「NO!」と言えます。

薬剤師の業務はどんどん増えており、上司にとって優秀な人材に辞められるのは、なんとしても避けたいはずです。

「そんな理不尽ばっかりいってると、最悪辞めるけど、いいの?」

というカードをチラつかせることで、実際に転職はしなくても社内のストレスを軽減させて、快適に過ごすことが出来るようになります。

ポイント

・「辞めさせられたらどうしよう」と断れなかった仕事を断れるようになる

・理不尽な要求が減るので、ストレスが軽減する

心の余裕が生産性を高める【皮肉な事実】

今まで書いてきたように、「最悪自分は逃げる事が出来る」という後ろ盾が出来ると、かなり不安が薄まります

そうなってくると、結果的に日々の生産性が上がります

辞める準備をした方が生産性があがるというのは皮肉な話ですが、
余計な「迷い」「悩み」に使っていた時間を仕事に回せるのは、実は馬鹿に出来ない効果があります。

正直この効果は人によりますが、悩み過ぎてしまう人には効果的です。

私の場合は、「辞めてもいい」と思うと、気持ちが楽になり生産性が向上したので、仕事を早く終わらすことが出来ました。出来た時間でブログを書いたりと、趣味の時間が増えました

働き始めは、認定や専門薬剤師を取りたいと思っていましたが、徐々に私生活のQOLを重視するようになる先生は少なくはないでしょう。

良くも悪くも、自分の市場価値に気付くことが出来る

転職エージェントに、持っている認定や働きたい業種を伝えると、自分の大まかな市場価値を知ることが出来ます。

例えば、

・専門薬剤師・認定薬剤師を持っている

・当直業務の経験がある

・一人薬剤師の経験がある

・緩和ケア等のチームに参加していた

求人先からしたら、何の資格もない薬剤師では、残念ながら低い年収しか募集が出来ない事や、逆に市場価値が高いと年収1000万以上を超える求人もあります。

ポイント

市場価値が高い➡転職を考慮する(日本の性質上年収UPまで、時間がかかりすぎる)

市場価値が低い➡専門・認定資格を取り、辞めた時の為に市場価値を上げる

自分の市場価値を知る事は、ショックだったりもしますが、知る事で前向きに考えられます
ばーくん

「本当に向いている仕事や場所」「苦労せずに働ける職場」に出会えるかも

  •  本当に向いている仕事や職場 
  •  苦労せずに働ける職場

これは本当に素晴らしいことだと思います。

そんな環境で働けたら最高だと思いませんか?

もちろん能動的に活動している先生の方が、出会える確率は高いです。

 

何も考えず全く行動してない人」と「転職サイトに登録してきっちり情報を受け取っている人」とでは、大きな差があります。

今のままでは、将来やばいかも・・・・・・・

という不安が少しでもある先生は、是非転職サイトに登録「だけ」でもしておきましょう。
それだけで、情報は集まりますし、意識も変わります

↓ 実際にこんな先生もいます。

最悪なのは、何もしない事です。
ほんの2分で終わるし、無料なので、是非自分と向き合って考えてみてください。

今なら間に合います!  公式サイトを見てみる➡マイナビ薬剤師

Twitterはこちら。フォローいただけると喜びます!
ばーくん

-薬剤師の転職
-

© 2021 ばーくんのお薬説明書