医薬品

メルカゾールとチラーヂンが併用される理由【Block and Replace療法】

薬剤師であれば一度は経験しているであろう「チラーヂンS」と「チアマゾール」の併用処方ですが、しっかりと理由は分かっていますか?

不安な先生のために、本記事で理由について説明します。

突然ですが、お得情報のご紹介です。今月末10/31まで!

新薬・業界の情報を効率よく収集するため、私が毎日使っている「m3.com」というサイトがあります。今なら無料会員登録を行うだけで、Amazon3000円分のポイントを無料でゲットできます。

医療情報サイトは、日経DI,AnswersNews,ミクスOnline等ありますが、数年間使っての感想は、新薬情報と更新頻度はm3が一番でした。まれに記事が専門的過ぎる点はマイナスですが、そんな記事も重要ですね。

将来知識不足な薬剤師とならないように、3000円手にして良い書籍を買うのはいかかでしょうか。

m3.com公式サイト【無料登録】Amazonギフト券 3000円分プレゼント(10月31日まで)!

私が実際に登録した際の記事⇒「m3.com」登録からギフト券が付与されるまでの流れと期間

こんな方におすすめ

 

 

  • 甲状腺ホルモン薬(チラーヂンS)と抗甲状腺薬(チアマゾール)の併用の理由を知りたい

【結論】併用の理由は、Block and Replace療法

まず、結論ですが併用の理由は、バセドウ病の治療の一つであるBlock and Replace療法のためです。

ハリミちゃん
Block and Replace療法って何?

ポイント

■Block and Replace療法

Block‥抗甲状腺薬(チアマゾール)を用いて甲状腺ホルモンの産生を押さえ込む。

Replace‥抑制された甲状腺ホルモンの不足分をLT4薬(チラーヂンS)で補充。

【注意点】Block and Replace療法と単独療法の比較

ハリミちゃん
けど、バセドウ病の人は全員Block and Replace療法ではないよね?
その通り、一部の人だけ使われているよ
ばーくん

Block and Replace療法は、MMI単独での治療とバセドウ病での寛解率が変わらないこと。高用量のMMIが必要なため、それだけ副作用が多く出やすいことが報告されています。

そのため、以下の場合によく使われます。

・抗甲状腺薬の調整では甲状腺ホルモン値が上手く行かない患者(数値の変動が激しい、治療域の狭い)

・甲状腺腫が著しい患者

・遊離T3(free T3; FT3)優位型の患者:FT4は正常範囲であるがFT3が高値

参考になれば幸いです。

人気記事 病院薬剤師におすすめの勉強本 10冊ご紹介!

人気記事 今すぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておくべき5つの理由

人気記事 薬剤師の失敗しない転職サイトの選び方【登録メールの注意点!】

10月31日までの今だけ!

薬剤師ならm3.comの無料登録だけで、3000円分のAmazonギフト券プレゼント中!

m3.com公式サイト

-医薬品
-

© 2020 ばーくんのお薬説明書